今を生きる

0

    毎日が、奇跡の一日

    そんなことを感じさせてもらえるのが、緩和ケアのボランティアです

    明日を迎えることができるのかわからない時間を過ごしている人、そしてご家族の方々

    その中に入ってアロマトリートメントをさせてもらうことがどんな意味があるんだろうか?

    「初めてしてもらいました」と何度も手を嗅いでる方を見たときに、意味なんて探す必要がないんだなと。

    香りが本能にダイレクトに伝わり、理屈なしで彼女の心に響いた気がした瞬間、香りとその方を繋ぐ役割のわたしは満たされるのです


    今というこの瞬間にいることを教えてもらえる時間は、私にとって学びの時間です

    そして、今日はコスメ講座の日

    ゆるゆる講座は、あーじゃ、こーじゃと言いながら、クレンジングつくり。笑いながら、楽しいコスメづくりの時間も

    私にとっては満たされる時間

    人に喜んでもらえることは幸せなことですネ

     

    ハーブ&アロマスクール FUL*FUL


     


    緩和ケア

    0
      今日から緩和ケアのボランティアが再開しました
      緩和ケアがしたいと思ったのは、東日本大震災の時
      私が支援物資を送ってもそれは微々たるもので、私に何ができるのか?そこで考えたのが、私はここでハーブやアロマを一番必要としてる人に届けることだと思って始めたのが、緩和ケアのボランティアでした
      西日本が豪雨で大変なことになっていますが、そのタイミングで、こうして緩和ケアを再開させていただけることに感謝して、必要な人に届けたいと思います

      そして、早く日常が戻ることを心よりお祈り申し上げます

      #fulful #徳島のハーブ教室 #ナードアドバイザー認定校 #ナードインストラクター認定校 #jamha認定ハーバルセラピスト認定教室 #緩和ケア

      緩和ケアボランティア&イベント

      0

        自宅教室に戻ったら、もっと自分のやりたいことができる!とボランティアも復活!

        (実際は、戻ってからの方が忙しかったりしていますが。。)

        先日、緩和ケアのボランティアへ生徒さんと行ってきました。

        久しぶりでどきどきでしたが、お一人さまをさせて頂きました。

        ハンドトリートメントは、精油の香りとゆっくり流れる時間が、患者さんにとってはもちろんだけど、それ以上にご家族の方にも大切な時間だったことの再確認が出来ました。

         

        やっぱアロマってやっぱええわ〜〜

         

        そして、アロマはもちろん自然の再現

         

        一番いいのはきっと自然の中に身をおくことなのです。


        <ワークの場所>

         

        こちらのブログで紹介が出来ていなかったのですが、

        「新しいあなたを表現する。2017年の道を確認する日」と言われている11月11日の今日、天使の音色のゆきちゃんと「私の休日in神山」と題したワークショップを行いました。

        神山の大好きな場所で、植物を通して自分を感じてみたり、神山の山のてっぺんで暮らしている楽音楽日さんでランチを頂き、その後、掘りごたつで自生しているどくだみ、よもぎ、ビワの葉とホーリーバジルなどで「薫蒸(くんじょう)」をして頂きました。

        初体験でしたが、、、これがじんわりと心も身体も温めてくれてむっちゃ緩みました。

        ワークは、ヒーラーであるゆきちゃんのオラクルカードを引いてもらったり、一緒に瞑想も行い、2017年のビジョンをみんなで描き、最後に、今必要な精油を選んでバスソルトをお持ち帰り頂きました。

        時間がなくなり、、バタバタしてしまいましたが、参加頂いた皆さん、ありがとうございました!

        実は、今でもポカポカしています。

         

        何年ぶりかの楽音楽日。

        美味しいパスタも健在で、、またフルフルでもツアーを組んでいきたいなぁと思います。

         

        興味のある人はぜひご一緒しましょう〜

         

         

        さて、週末はあいずみマルシェです!

        秋のバラも見頃です。ぜひ、お散歩がてら遊びにお越しくださいね。

         

        2017年11月13日(日)藍住町バラ園前 10時〜14時

         

         

        ハーブ&アロマスクール フルフル

        http://fulful.jp

        fulfulherb@yahoo.co.jp

         


        アロマトリートメント

        0

          昨日の朝冷え込みましたね^
          そのおかげか、ハーブティの注文が増えてきました!
          ありがたい限り

          秋は季節の変わり目。心も崩れやすくなりますので、気持ちをアップさせてくれるハーブティを飲んでみてくださいね〜

          さて、先日は緩和ケアのボランティアでした。
          先月より、セラピストのメリッサちゃんが同行してくれています。ありがとうございます。

          病院に行くと、外来の師長さんから声をかけられました。
          4月にさせていただいた方が師長さんのお友達だったそうで、ハンドマッサージをした翌日に病室へ行くと、マッサージをしてもらったこと、そしてその日はぐっすり眠れたことを嬉しそうに話をしてたんですよ。とお礼を言ってくださいました。
          その方は、7年間病魔と戦っていて、私と会った時は、抗がん剤がきついからしんどいと話をしてくれて凄く痩せていました。少し眠りが浅いことなどを話したのを覚えています。

          師長さんに伺うともう亡くなられたそうですが、一瞬でも香り=植物の力で心に平安が訪れたのであれば、私が望んでいた必要な人に香りを届ける植物との橋渡しができたんだと嬉しいく思いました。

          緩和ケアのボランティアは、ほとんど死を目の前にした人かもしれません。
          だからこそ、セラピストは何か言葉を掛けるのではなく、植物と一緒にその人に寄り添うことが大切だと思います。

          でも、帰りの車でふっと。
          それって別に緩和ケアでなくても一緒じゃないの?

          その人をよくしようとか、治そうなんてそれはセラピストのエゴで、その人が自分と向き合うための気づきのきっかけ。

          だからアロマトリートメントは、決して手技だけじゃない。
          セラピストの心得、体のしくみや精油の効果や禁忌などを学ぶことが大切です。

          ということで、ナード・アロマトリートメントがどんなものか、「ナード・アロマセラピスト講座」無料説明会を先生をお招きして開催する予定です。
          日程は10月31日(木曜日)予定では19時〜。

          こちらは、ナード・アドバイザー資格習得者のみになりますが、現在アドバイザーを受講中の方はOkですのでぜひご参加ください。

          会場は追って連絡します☆彡


          緩和ケアのボランティア

          0

            今日は、月1度の緩和ケアのボランティアの日

            ボランティアをするのは自分のエゴなんじゃないのか?と思う日もありました。
            でも、ここ最近はアロマの力を信じています!

            数ヶ月前、あるご婦人のハンドマッサージを行いました。
            「あと余命数週間と言われたのよ〜」と明るく、そしてブレスレットをつけておしゃれにされていたご婦人。シワが恥ずかしいわと言いながら、夜が眠れないこと、腕や足が浮腫むことなど話を聞かせてくださいました。また精油のことをいっぱい質問してくれて、香りを嗅いで気持ちいいと喜んでくださいました。
            翌月行くと、病室に香りがプンプン。
            娘さんに精油を買ってきてもらったけど、使い方がわからないからと原液をお皿に垂らしていました。前回より言葉は少なめで、トリートメントをすると少しうとうとされていました。

            そして、次の月に行くともうほとんど喋れない。
            ずっと横を向いて少し苦しそうでした。
            それでも、先生がトリートメントしますか?と尋ねると頷いてくれたようで、しゃべることもなくトリートメントをさせていただきました。
            そして先月伺った時に、看護師さんから昨日亡くなられたのと教えてもらいました。
            緩和ケアのボランティアは本当に一期一会。
            以前ならご婦人が精油を知ってどう気持ちの変化があったのか知りたいと思っていたけど。。
            今は香りの力、、いや植物の力を信じています。

            最後に香りの中で(自然の中で)過ごせたことはきっと香りを知らない時と大きく変わった残りの時間ですよね。
            そして、その貴重な時間を共有させていただけるのは、まだまだ未熟な私を信頼してくれる先生とそしてアロマのおかげ。

            そしてナードアドバイザーの皆さんにもぜひアロマの力をボランティアの経験を通して感じて欲しいと思っています。

            まずは、老人のディケアでのハンドトリートメントのボランティアへ行きませんか?

            10月は土曜日を予定しています。

            興味のある方はご一報くださいませ


            香りのチカラ

            0

              今日は、プリアンさんで「ハーブティ体験レッスン」を行いました!
              南へ向かうほど強風と雨で少々ビビりましたが、嬉しいことに3年ぶりの再会した方をはじめ、4名の皆様と、世界で一つのデトックスブレンドハーブティを作りました♬
              参加いただいた皆様、そして会場を提供くださったプリアンさんありがとうございました。

              attachment00.jpgそして、その後は、緩和ケアのボランティアへ・・

              すでに1年が過ぎ、実は先月少し方向性を見失いかけておりました。

              先生と話し合う中で、私自身が会話ができない患者さんや、感想を聞くことができない患者さんに対して、ハンドマッサージをしたことろで意味があるのか?本当に精油の効果があるんだろうか?といつの間にか患者さんを見ることができずに、結果を求めていたことに気づきました。

              考えたら、精油だけの効果を求めるなら、芳香浴でも良いだろうし、結果が欲しいなら健常者の方にしたらいい。
              「私はここで何がしたかったんだろう?」
              原点に戻った先月。

              そしてわかったのは、どんなに喋れなくても心は通じている。
              心があって精油は生かされる。
              それを患者さんから教えてもらいました。
              当たり前のことなのにね、大いに反省(>_<)

              緩和ケアで大切なのは、喋れない人にでも、きちんと普通の人と同じように話しかけること。
              眠っていたかのような人でも表情で反応してくれる。

              今日も、「香りわかりますか?」と聞いても首を横にふった人が、ラベンダーをムエットに染み込ませ嗅いでもらったら、びっくりするほど声を上げて笑顔を見せてくれた。

              ラベンダーの語源はラテン語の「lavo」洗うという意味。
              その人の心の悲しみを洗い流してくれるといいなぁとハンドマッサージをさせていただきました。

              ここは私の学びの場です。
              この場を与えてくださった先生に感謝して、感謝ついでに、8月には女性のための自然療法の勉強会に講師としてお越しいただく予定でございます。
              なんて図々しい私
              また詳細が決まりましたら案内します。


              1年

              0

                昨日は、緩和ケアのボランティアの日でした。
                実は、去年の2月からスタートして1年が経ちました。

                この1年のことを運転しながら考えていました。緩和ケアはなかなか臨床が取れません。
                なぜなら、その人がなくなってしまうし、どんどんしゃべれなくもなっていくので、アロマの感想が聞けないのです。その分、香りの力を信じてトリートメントさせていただくわけですが、昨日は失敗。・・何事も初心を忘れずに行わないとあきまへんと帰りは大いに反省しながら帰って行きました。

                そして1年通ったことで、ドクターから新たな提案をいただきました。
                それをどうやっていくのか?私は何処へ行くのか?(笑)
                少し頭をまとめていかなくてはなりませぬが、また生徒さんたちにも協力してもらう日が来るよう頑張りますね♬

                さぁ、今日は今からデポーplus*さんでワークショップです。
                定員いっぱいだそうで、ありがとうございます(^O^)!


                宇宙貯金

                0

                  昨日はボランティアの日

                  家族に今日の予定を話するとき、最近は緩和ケアの仕事と伝えています。
                  もちろん、ボランティアなんだけど、私にとって緩和ケアは大切な仕事。
                  今月も「宇宙貯金」をしてきました。

                  さて、昨日は私にとっては大きな前進。

                  今までは、ドクターと看護師長さんとしかほとんど打ち合わせをすることがなかったのですが、昨日は、病棟の看護師さん対象に簡単なアロマの説明と、希望者の方へ10名にハンドトリートメントを行いました!(セラピスト見習いのKちゃんお手伝いありがとうございました)
                  精油の効能、今までの経過など短い時間でしたが説明ができました。こういう時は早口が役立ちます(笑)
                  看護師さんからは、鼻からチューブなどしてたら香りが嗅げないから、しても仕方ないと思っていた方がいらっしゃったり、タッチングの話なども交えた話をさせていただき、少しづつ、皆さんと歩み寄れたのではないのかと、とても嬉しい一日でした。

                  私の超苦手な継続は力なり。。
                  でも、最近これがとっても大切だということをこの歳が来て気づき始めました

                  これからも、少しずつではありますが、アロマセラピストがチームの一員として活動できるようにガムバリます

                  さて、今日から3日間はアロマセラピスト講座

                  私もみんなに負けないようなアロマセラピストにならなくては?といまだに言っております(苦笑)
                  おくら写真は、全く関係ない、、我が家のプランターにほったらかしのオクラ。
                  デカッ


                  香りからのメッセージ

                  0


                    東京から戻った翌日の午後、緩和ケアのボランティアへ行ってきました。

                    病棟へ行くようになってずっとトリートメントをさせていただいていた私と同世代の女性。

                    だんだん心を開いてくれているのを嬉しく思っていたのですが、先日は状態が悪化していました。それでも、先生が「マッサージする?」と聞くとうなずいてくれたので病棟に入ることができました。

                    以前、男性の方で、同じように状態が悪くなった方がいらっしゃったのですが、その時は少しでも楽になるようにと手から想いを込めてさせていただきました。
                    ただ、今回はアロマが好きでいつも香りを一緒に選んでいたし、終わると何度も手を嗅いでいた彼女だったので、手からの思いを伝えたいというよりは、香りで心に届けたいと思いました。

                    どの精油を使おうか?
                    こんな時期に、彼女に何が必要なのか?本当に難しいことですが、やはり受容だと思いました。そして選んだのは、「自己愛」、「自己を受け止める」ローズ。
                    マッサージをしようとしたら、ほんんど眠っているようだったのに、手を挙げて、私の手をギュッと握ってくれました。どうか、皮膚や嗅覚を通してローズからのメッセージを受け取ってほしいと願いを込めてさせていただきました。
                    そしてこの日は、今まで断られていた付き添いのお母様にもハンドトリートメントをさせていただきました。 彼女の使ったローズでしたのですが、お母様は今までのいきさつや、心境などを語ってくれました。
                    翌日、先生から、その後お母様の表情が明るくなっていたと聞いて、とても嬉しくなりました。
                    始めて6か月。
                    ようやく、医師や看護師でもない、家族でもないアロマセラピストの立場が見えてきた気がします。

                    緩和ケアは、私にとって人生の学びの場所です。

                    生きるとは?死とは?

                    そして、精油はこの道を通る助けをしてくれます。

                    だからこそ、その人に必要な精油を選ぶことが何より大切。
                    そして、改めて、私は香りとその人を繋ぐ橋渡しなんだと実感しました。

                    ボドゥー博士のセミナー集に掲載されていた一部です。

                    「人生の道の最後を行く人たちによって、人生の意義を与えられるという、非常に論理的な結果がもたらされると思います。これが、精油がもたらすさらなる贈り物と、人生に対する贈り物と言っていいと思います。」

                    精油の活用法はたくさんあります。

                    肉体、心、魂に。
                    きちんと基本を学び、そして体験を通してでしか得ることができません。
                    奥が深いわけです。
                    というわけで、線路は続くよ。。いやいや学びは続くよ、どこまでも。

                    10月7日(日曜日)のギャンゴさんで行うイベントでは、「初めての植物療法」として、アロマやハーブの入門をお伝えします。
                    ぜひ、この機会に一度、アロマの素晴らしいエッセンスを学びにお越しくださいね♪

                    お待ちしています☆

                    お問い合わせ・お申込み fulfulherb@yahoo.co.jp



                    つれづれ

                    0

                      山
                      先日は、緩和ケアの3度目のボランティアの日。
                      今回も3名の方に行いました。
                      おひとりの方は、初めてお会いした時は、名刺まで作っていらしてご自身の病気のこと、そして生かされていることへの感謝をお話しくださったのですが、今では、ほとんど話をすることもできず、鼻にチューブをさしているので、香りを嗅ぐこともできないのですが、それでも、トリートメントを希望してくださり、今回も施術させていただきました。
                      病室へ入ると、目をつむって、問いかけると少し目を開けてうなずかれていました。

                      「同情するなら金をくれ」ではないけど、ここに同情は必要なしで、自分でも不思議なくらい、うろたえることもなく、今できることは、ほんの一瞬でも心もカラダも痛みが和らぐようトリートメントをすることだと思い、精一杯気持ちを込めてさせていただきました。
                      ふっとお顔を見ると、じっと私のほうをみて、涙を流されていました。
                      心で会話するってこういうことを言うんだろうなぁと、そして、1年前、精油の力を必要な人に届けたいという想いが、今こうして形になり、行うことができて人生は願ったように描かれるんだと思います

                      なので、次の私の願いはもちろん✈ですよっ、奥様!

                      そして、気がつけば、2012年も折り返しの月となりました。早すぎる毎日でカラダと心がついていかないことも多々ありますが、そんな時こそ、ハーブのチカラです♪
                      一杯のコーヒーをハーブティに変えるだけでも気持ちが違いますよっ。

                      さて、これからのFUL*FULの案内です♪

                      第一弾は、ハーブティの価格。
                      大変心苦しいのですが、仕入れ値段が上がったことなどで、6月20日の新月の日から、ハーブティの値段を変更させていただきます。
                      なにとぞご了承くださいませ。

                      現在5杯 500円のハーブティ→600円。 10杯分のハーブティ 800円→1000円

                      6月10日のイベントでは今までの価格で販売しますので、ぜひぜひお買い求めくださいませ♪

                      そして、楽しいレッスンを作ろうと、今まで裏メニューだったタロットを「アロマティコ*タロットレッスン」として表に出すことにしました(笑)

                      なんやそれっ?と思われた方はご一報くだされ。

                      HPも1年以上ぶりに更新予定
                      やはり夏に強い女のようです、、わたし

                      写真は、私の産土神社の参拝に行ったときに撮った写真
                      素敵なメッセージをもらいましたとさ



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      FUL*FUL

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 楽しい旅
                        Moeko
                      • フルフル遠足
                        fulful
                      • フルフル遠足
                        山下 明子
                      • 暮らしに生かす
                        1miyu
                      • 暮らしに生かす
                        るう
                      • 「ハーブ蒸留体験会」
                        miyu
                      • 「ハーブ蒸留体験会」
                        Naoko
                      • フェイシャルスキンケアコース
                        miyu
                      • フェイシャルスキンケアコース
                        るう
                      • フェイシャルスキンケアコース
                        miyu

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1609 最後に更新した日:2018/11/08

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM